松本市の相続登記や成年後見、借金や離婚のご相談なら川上司法書士・行政書士事務所

【空き家】空き家に関するご相談

最近、空き家に関するご相談が増えております。

・長野県に空き家を所有しているが、近隣から管理上の苦情が来ている
・都会に出ていて、親が長野県の施設で生活しているが、親の自宅が空き家となって いて、管理に困っている
・実家が空き家となっているが、相続登記すらせずに長年放置している
・空き家を売却できないか

こういった内容が多く寄せられています。

空き家を空き家のまま放置しておくと、不測の被害を与えてしまったり、数次相続が発生して処分しようにも相続人全員の同意が得られないということも発生してきます。
一度真剣に検討してみることが重要です。

空き家の管理については、成年後見制度や任意代理の利用、財産管理業務で司法書士がお手伝いすることができます。

売却等の処分に関しては、不動産業者や土地家屋調査士などとともに、売却可能性を検討したうえで、今後どうするかを考えていくことになります。
売却不可能なケースの場合、賃貸に出す、建物解体の上、別の活用法を検討するなどの方法を検討します。
売却が可能であれば解体費を持ち出して解体しなくてもよいケースもあります。

また、特定空き家指定を受ける可能性がある老朽空き家については、行政と連携して、解決の方法を探っていく必要があります。

空き家は、令和の時代の大きな社会問題であり、国を挙げて解決すべき問題です。


お困りの方、ご相談ください。