松本市の相続登記や成年後見、借金や離婚のご相談なら川上司法書士・行政書士事務所

お盆休み前後に多く寄せられるご相談

例年、お盆休み前後に多く寄せられるご相談があります。

1、相続・遺言などのご相談
お盆休みになると、実家に親族が集まり、お盆が執り行われることが多いと思います。

その際に、相続手続きや相続登記について話し合いをし、専門家に手続の依頼を、となることが多く、当事務所にもこの時期によく相談が寄せられます。

また、お盆が終わり、相続で揉めないように、遺言を作成しよう、という方もおられます。

しかし、今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、お盆に集まることは難しいというケースも大変多くあるのではないかと思います。

今年のように集まることができなくても、手続きについては早めに検討された方がよいので、お気を付けください。


2、債務整理(借金)のご相談
8月になると多くなるご相談には、債務整理(借金)についての相談があります。
8月は長期の夏季休業がある企業もあります。
すると、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員の方の場合、勤務日数と勤務時間が大きく減ることになってしまい、ほかの月よりも大きく給料が減ってしまいます。
それが原因で、借金の返済ができなくなってしまう、ということがあります。

また、レジャーや帰省などに使うお金を借りたところ、もはや限度額まで達してしまい、返済も厳しくなってしまい、行き詰まってしまうということもあります。

我が国では、借金問題は、甘い審査で貸しすぎてしまう、債権者に大きな責任があります。

債務整理の手法がきちんと用意されていますので、生活再建のため、ぜひご相談ください。