松本市の相続登記や成年後見、借金や離婚のご相談なら川上司法書士・行政書士事務所

【松本市 成年後見】コロナ禍での成年後見申立について

コロナ渦において、成年後見人の選任が必要であっても、選任申立を見送られているケースが多くあります。

特に、昨年3月頃からのコロナ渦により、各施設、各病院では集団感染予防の観点から、面会を禁止していましたので、そもそも本人の状態を成年後見申立関係者が知ることができないことも理由でした。

また、たびたび緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令されていましたので、県を越える移動が出来ず、他県に住む家族・親族が、松本市周辺地域に住む本人に会いに来たり、成年後見申立手続について相談に行けなかったことも、大きな理由と思います。

現在は、ワクチン接種が進んできており、病院・施設でも集団感染が起きることは少なくなってきているため、限定された方法で面会が可能となってきています。

また、緊急事態宣言も解除されましたので、感染予防対策をしたうえで、県外へ移動することもできるようになってくると思います。

そこで、コロナ禍であって、成年後見申立について、延期・先送りにされてきた方は、本人の権利保護のためにも、そろそろ申立の検討をされた方が良い時期に来ていると思います。

当事務所では、遠方にお住まいで松本に来ることができないという場合でも、電話・メール、WEB面談等を利用して打ち合わせを行うことも可能です。

また、当事務所の所属司法書士は2名おりますが、2名とも成年後見人への就任を積極的に行っておりますので、成年後見人への就任依頼を前提とするご相談もお受けしてております。